和歌山県高野町様の事例

世界遺産に登録され真言密教の一大道場である高野山を擁する和歌山県高野町。わが国有数の山岳仏都であるとともに、観光の街であり、そして山間部特有の行政課題に取り組んでおられます。
この庁舎内に、当社システム製品である「aims DESK」が設置されています。aims DESKは、在席状態を机上のボックスで表示する装置。町長以下16名の管理職員の方々の在席・離席状況をカンタン操作とリアルタイムでお知らせしています。

 

高野町様 aims DESK設置状況

庁舎には、すでに在席表示装置が設置されていましたが、老朽化していたことと、新たに追加するには専用信号線が必要でした。また離れた建物にいる方の在席状況を把握することはできません。パソコン操作に不慣れな方もおられます。
そこで、当社のaims DESKをご提案。既設LANを利用し、パソコンやサーバを使わずに動作しますから設置や操作もカンタン。離れた建物とはVPNルータを使って接続できるようにしました。設置当初は戸惑われておられた職員の方々も、いまではすっかりaims DESKを便利に使われています。互いに在席・離席が手元で判るため業務の効率もUP。外部からの電話応対にも無駄が少なくなりました。これから、高野町では業務の効率化に、また住民の方々への情報伝達に、ますますIT化がすすすむことでしょう。



設置当初は戸惑われておられた職員の方々も、いまではすっかりaims DESKを便利に使われています。互いに在席・離席が手元で判るため業務の効率もUP。外部からの電話応対にも無駄が少なくなりました。これから、高野町では業務の効率化に、また住民の方々への情報伝達に、ますますIT化がすすすむことでしょう。