大阪本社
大阪技術情報システム部2課
仲倉 矩美子
琉球大学 工学部電気電子工学科 卒

Q1 あなたの仕事は?もしくは仕事上での一番うれしかった事は?

A1 仕事を通じての成長を実感しています。
保険会社の保険料や配当金などの価格計算システムを作っています。
価格計算は1円でも間違えると関係する人々への影響は多大なものになるので、高品質が求められます。仕事では、情報テクノロジーの知識・技術だけでなく、経理や保険業務知識がまず要求されます。
入社直後の一連の研修が終わる10月から実務の開発チームに入りましたが、いきなりシステム設計からでした。プログラミングだけを行う仕事からのスタートを想定していたので正直驚きましたが、設計をすることで、保険業務の知識はもちろん、情報テクノロジーの知識・技術も自然に身に付きます。
【頼りがいのある先輩のサポート】+【仕事で必至になることでの吸収】が大きいと思っています。
2年前の自分と比べて、すごく成長していることを実感しています。

Q2 入社を決めた理由は?もしくは、会社の好きなところは?

A2 面接で、私のことをよく知ろうとしていただいた事に“親密さ”を感じました。
中学・高校生の頃から、将来はエンジニアになりたいとズーッと思っていたので、大学は工学部にしました。プログラマーなる技術職があることを、大学時代の画像処理研究を通じて知り、プログラム開発に大いに興味を持ったので、就職活動時期には迷わず、IT関連企業を中心に、PG・SEの職種で就活しましたね。 その中でユニバーサルコンピューターの本音の会社説明会や本音のパンフレットが面白かったです。先輩社員のサポートが厚いから安心して仕事をスタートできると、信じられたことが一点。
そしてもう一点は、2回にわたる面接で私のことを一番よく知ろうとする”親密さ”を感じたことです。
この会社にしようと決めた理由は、この二点だったと覚えています。
予想した通り、アットホームな社風で、現在満足して仕事をしています。

Q3 就職活動におけるアドバイスをお願いします。

A3 就職活動て精神力も必要だし、意外と体力が必要です。ITエンジニアも同じです!
私は職種の希望がハッキリしていましたが、今現在迷っている学生さんも大勢いらしゃると思います。それに会社訪問や就職試験は、ドキドキするものですしね。ですが先ずは、業種・職種を問わず業種の違う多くの企業を受けてみる事をお薦めします。IT関連企業もいろいろな形態の企業がありますが、いくつか受けるうちに本当に自分がしたい事や、興味を持っていることが何であるかも判ってくるのではないでしょうか。そうしたら、相手企業の事もしっかりと吟味してくださいね。