先輩社員にインタビュー

中部開発部
小林 秋夫(29歳)

【出身】愛知東邦大学  人間学部 人間健康学科 卒

これが私の仕事

製造業の工程管理システムを設計から本番稼働まで

製造業の工程管理システムを、現行システムから新システムへの作り替えるプロジェクトに参画しています。
今回はシステム設計から参画しており、部品形状や用途を見ると、工作機械などの未来のトレンドが分かります。
また、部品の組立図を過去からすべて管理したり、工作機械のねじの1本まで管理したりと、考えさせられる事がとても多いです。
日々学ぶことが多く大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

自分携わったシステムに関連するロボットがテレビで紹介されました!

自分が携わったシステムで管理された部品を使ったロボットがテレビで紹介された時に、自分の仕事が貢献したのだと実感がわきました。
また、納期ギリギリのスケジュールで、ユーザーから仕様変更をお願いされ、一生懸命に対応したときにはお客様からとても感謝されました。
お客様からの要望は100%聞き入れたいのですが、納期と費用を考え、試行錯誤しながら対応しなけばならない所が苦労するところです。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き

ITという未知の世界に挑戦するための環境が整っていたから

私の就職活動は、リーマンショック後の就職氷河期で、内定をなかなかもらう事が出来ませんでした。
それでも根気強く就職活動を続け、他社の営業職と当社で内定をもらいました。私は文系でITの知識が全くなかったのでITという未知の世界でやってけるのかととても不安でした。
その話を当社の採用担当に話したところ、「文系かどうかは関係ないから大丈夫。あなたには適正があるので、あとは頑張り次第です」と言われた事で挑戦する勇気が湧き、 当社に入社することを決めました。

これまでのキャリア

入社時の新人研修(社内2ヶ月) → 既存システムに維持管理(客先1年) → 仮想サーバーの維持管理業務(客先2年) → システム開発(客先3年)


この仕事のポイント

職種系統 システムエンジニア(SE)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

 

先輩からの就職活動アドバイス!
IT企業に関わらず、自分が進もうとしている業界や企業を受けるのであれば、その業界の知識を得る為に、新聞や本を読んだ方が良いですよ。 少しでも知識が有れば、自分がこの業界でやっていけるのかどうかが分かりますし、面接時に自信が持てます。 また活字を読む事で、自身の語彙力を高める事ができ、企業に自分の思いを正しく伝える事が出来ると思いますよ。