Document Security / S-WorkPoint

Document Security / S-WorkPoint

暗号化、アクセス制御、デバイス制御、履歴管理機能を実装!
情報を守り活用する情報漏洩対策ソフト

 Document Securityはファイル単位の高度な暗号化とアクセス制御(IRM)で情報漏洩を防止するソフトです。

 履歴管理機能でログを記録することで情報漏洩抑止の効果を発揮します。つまりワンパッケージで情報漏洩対策が可能です。ユーザの使い勝手、管理者の運用も考慮されております。

 「情報を守り、活用する。」
 運用・管理の負担を減らし、尚且つ、セキュリティ対策を実現します。

Document Securityの特徴

アクセス制御機能

  • IRM機能
 閲覧、閲覧回数、編集、暗号化解除、持ち出し、印刷、印刷回数、有効期間、自動破棄などの権限設定によって重要情報の不正使用や誤使用を防止、情報漏洩のリスクを回避できます。


  • 柔軟なポリシー設定
 文書のアクセス権を、情報の内容や社員の役職等に応じて制御することが可能です。

  • コピー&ペーストの禁止
 権限設定された文書はスクリーンキャプチャやコピー&ペーストなども制御可能です。

  • 外部へ送信したデータの流出禁止
 Document Security が導入されていない取引先や外部委託先にも、印刷・保存の許可、閲覧回数、印刷回数、有効期限を設定した暗号化ファ イルを送信することが可能。
 ※IRM権限設定が可能なのはMicrosoft Office Word、Excel、PowerPointのみです。

暗号化機能

  • ファイル単位に高度な暗号化を実現
 ファイル単位で高度な暗号化を行っているので、クライアントのハードディスク、USBメモリ内、メールを誤送信してしまった場合でも暗号化は維持されたままです。 ハードディスクの暗号化、フォルダ単位の暗号化と違い、ファイルの保管場所が限定されません。

  • 暗号化を意識することなく使用可能
 Microsoft OfficeやAdobe Acrobatで作成されたファイルを保存/終了した時点で自動的に暗号化されます。特別な操作をする必要はありません。誤操作や操作忘れの心配もなく、確実に暗号化が行えます。また暗号化しても拡張子が変わらないため、特別なビューアも不要です。
 情報共有のため外部にデータを持ちだす場合、利用者を指定して暗号化を行なうため、間違えて第三者へデータを送付しても開くことができません。

持ち出し制御機能

 情報漏洩経路として挙げられることの多いUSBメモリなど記録メディアへの書き込みの規制や、プリンターによるプリントアウトの規制により、重要情報の不正な持ち出しを防止することができます。 

履歴管理機能

 すべての暗号化ファイルに対し、暗号化されてから廃棄されるまでの間に「誰が」「いつ」「どのようなアクセスを」行ったか、利用履歴を記録することが出来ます。

 また履歴はユーザーごと、グループごとに表示することも出来るので、不正行為が行われてもすばやく追跡が可能です。

更なるセキュリティ強化には「S-WorkPoint」

 S-WorkPointはファイル生成の時点でセキュリティが適用されるため、既存のツール使用時に起きていた暗号化をし忘れたなどのミスを防止することが出来ます。

 全フォーマットに対応していて、さらにファイル入出力や暗号化・複合化の際もパフォーマンスに影響しないので、作業を行う人にとって負担を感じずに作業を行えるのも特徴です。

セキュリティ保護対象のアプリケーションの追加が容易

 既存のツールでは難しかった「CADツールの既存機能を維持したままの状態で暗号化」が可能です。市販されていない自社開発製品の登録も容易です。